選ばれ続ける Made in NAGASAKI活動レポート

活動レポートはありません

開催済セミナー概要

セミナー名 選ばれ続ける Made in NAGASAKI
概要

 【12月7日】観光光資源が地域を支えるしくみ
 ・国内外を視野に入れた観光資源活用の成功例など
 ・土産品のターゲットや価格の設定

 【12月11日】好まれる土産品の傾向と分析
 ・経営リテラシーとパッケージデザイン
 ・商品のストーリー性をパッケージで魅せる

 【12月15日】観光資源の商品化 ~ブランディング~
 (観光資源に合った土産品素材の選び方)
 ・長崎から発信する強みと長崎だからこそできるコンセプト
 ・選ばれ続ける地域に必要な観光資源

 

【12月7日(木)・15日(金)講師】
JTIC.SWISS代表 山田 桂一郎 氏€
 

1987年より、スイス・ツェルマット在住。観光局にて日本人対応インフォメーション、セールスプロモーションを担当。「世界のトップレベルの観光ノウハウを各地に広めるカリスマ」として、多くの成果と結果を残し、2011年には週刊日経ビジネス誌において「次代を創る100人」の一人として選出される。内閣府・国土交通省・農林水産省認定「観光カリスマ」、総務省「地域力創造アドバイザー」、環境省「環境カウンセラー」、まちづくり観光総合研究所主席研究員等、多岐に渡ってアドバイザーを務める。

◆これまでの活動及び実績◆
世界各地における地域振興・活性化の様々な事業における商品・製品化、サービス化をプロデュース。主に富裕層やFITをターゲットとした企画を得意とし、商品そのものだけでなく、地域の認知度向上と共に地域ブランドを構築。地域経営をベースとしたマーケティングを実施することで、どの様な事業であったとしても最終的には自立と持続可能なしくみと組織化を図りながら地域全体の景気(内需拡大)や人口増 (就業者増)に繋げている。また、全国各地からセミナー(最近はインバウンドビジネス)や講演等の講師としても招聘され、これまでの経験を活かした実践的なプログラムを提供している。

【12月11日(月)講師】
株式会社メソッド代表取締役 山田 遊 氏

東京都出身。バイヤー、監修者。南青山のIDEE SHOPのバイヤーを経て、2007年、method(メソッド)を立ち上げ、フリーランスのバイヤーとして活動を始める。現在、株式会社メソッド代表取締役。2013年「別冊Discover Japan 暮らしの専門店」エイ出版社より発売。2014年「デザインとセンスで売れる ショップ成功のメソッド」誠文堂新光社より発売。

◆これまでの活動及び実績◆
国立新美術館ミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」ディレクションサポート。羽田空港第二ターミナル、東急プラザ表参道原宿「Tokyo’s Tokyo」グッズセレクト。リサイクルショップ「PASS THE BATON」MDコーディネート。APEC JAPAN 2010」各エコノミー首脳への贈呈品の選定協力。「国際通貨基金(IMF)・世界銀行年次総会」記念品等の選定協力及び 企画・開発コーディネーション。花火のセレクトショップ「fireworks」プロデュースなど。

 

対象者長崎市・時津町・長与町の観光関連事業者、商業物産事業者、3次産業事業者、お土産品の製造販売を行っている事業者、これから企画したい事業者等
開催日平成29年12月7日(木)11日(月)15日(金)
開催時間13:30~16:30
定員10社(1社から2名の参加可)
会場長崎商工会館ビル2階 ホール , 第1・2会議室(長崎市桜町4-1)
ページトップへ戻る