新たな販路確保!販売戦略マーケティングのポイントが開催されました

「販売戦略・販路開拓セミナー」が11月に5日間の日程で開催されました。

1日目:11月12日(月)マーケティングの基礎
講師 中野 幸浩氏(中野ユキヒロ商店 代表)
食流通の現場で35年以上従事した経験を生かし、実績に基づいたマーケティングの方法など、効果的な販売促進・販路開拓のお話をいただきました。

2日目:11月16日(金)マーケティングに基づいた販売戦略の立て方
講師 盛澤 篤司氏(長崎ターミナルビル株式会社 代表取締役社長)
JR九州で培った、自分が好むもの、自分が食べたくなるもの、自分が乗りたくなるものなど、自分と自分にごく近い周りの人間を頼りにしながら挑む「自分マーケティング」の考え方や、JR九州グループの取引事例を踏まえての話、クルーズトレインななつ星の誕生の話などをいただきました。

3日目:11月19日(月)観光客(特に外国人)に向けた販売戦略
講師 村山 慶輔氏(株式会社やまとこころ 代表取締役)
インバウンドの専門家として、インバウンドの海外事情、日本事情、長崎事情の現状・課題をデータ分析に基づいて分かりやすく、詳細に話していただき、受講者はインバウンド事情について理解を深めていました。
さらに、インバウンドで起きている変化、インバウンドの現場でやってはいけないことの話など、セミナー時間があっと言う間に過ぎ、受講者は、先生の話に引き込まれていました。

4日目:11月20日(火)販路拡大の基礎
講師 松村 秀史氏(DSSコンサルティング代表 中小企業診断士 )
販路拡大するには、現状を再確認し今からできる利益の獲得策を考えることが大切だと話され、また、販売手法の一つとしてのクラウドファンディングというインターネット上に活動を発信し、資金を調達する方法の仕組みの話も、受講者は、興味深く熱心に聞いていました。

5日目:11月21日(水)情報発信戦略の基礎
講師 烏山 友路氏(式会社イーズワークス 代表取締役)
広告と広報の違いの話から、如何にして顧客心理の読み取り、顧客の悩み・不安を解決し商品を探してもらい、購入の決め手にさせるかを、顧客心理マップを用いて話されました。
さらに、情報発信のヒントでは、記念日・事件・事象というタイミングを活用した広報実績を、テレビ報道の録画を紹介しながら話をいただき、受講者は、情報発信の重要性に理解を示していました。

5日間を通して大変実り多いセミナーで、ご登壇いただいた講師の先生方より素晴らしいセミナーにしていただきました。
受講者からは、
・顧客の心理を知るための手法が具体的に分かった。
・セミナーのタイトルが一見難しそうに感じましたが、受講してみると、どの講義も興味を持ってお聴きすることできました。
・大変勉強になりました。
などの感想がありました。
今後の受講者の皆様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。

開催済セミナー概要

セミナー名 新たな販路確保!販売戦略マーケティングのポイント
概要

新たな販路確保のための情報発信や情報収集を行い、販売戦略を立て販路開拓のできる人材、近年増えているインバウンド客をターゲットとした販路開拓のできる人材を育成します。

また、マーケティングの手法は、実践に基づいた内容で、販路拡大に役立つセミナーです。

対象者長崎市、長与町、時津町の商業物産関連事業者や3次産業事業者等
開催日平成30年11月12日(月)・16日(金)・19日(月)・20日(火)・21日(水)
開催時間14:00~16:00
定員25社 (応募多数の場合は抽選となります)
会場11月12日・16日(長崎商工会議所3階第1・2会議室)、11月20日(長崎商工会議所3階第2会議室)、11月19日・21日(長崎県建設総合会館 8階中会議室)
ページトップへ戻る