『宿泊客を増やす!!観光おもてなしセミナー』活動レポート!

5日間の宿泊観光経営改革セミナーが終了しました☆

 

このセミナーでは観光関連事業者の方々にご参加いただき、長崎の現状からホテルの経営改革について学びました。

 

1日目は日本観光士会認定講師 観光コーディネーターで長崎県観光連盟 元専務理事でもある土井 正隆 先生に、観光客の動向・分析をお話しいただきました。

   

年々観光客が増加している長崎ですが、多くの課題も抱えていています。土井先生の経験を活かした貴重なお話をお聞かせいただけたと思います。

 

2日目・3日目は日本ホテル教育センター 理事長補佐兼事業統括本部長の大堀 貴弘 先生にお越しいただき、ホテルでのおもてなしについてお話しいただきました。

観光業におけるホテルの役割や、すぐに活かせる接客マナーを学び、実践的なおもてなしにも皆様真剣に取り組まれていました。

 

4日目・5日目は日本ホテル教育センター研究員・プランニング創代表の 小倉 一夫先生に観光資源を活かしたホテル経営改革についてお話しいただきました。

実際に長崎を歩いて感じた、観光都市長崎の問題点や豊富な資源の活かし方などをお話しいただき、受講者の方々にとって大変良い刺激になっていました。

 

セミナー終了後のアンケートでは

「ビジネスマナーについて、プロの方の話は大変貴重でした」

「従業員教育において基礎の重要性を感じました」などの感想をいただき

有意義なセミナーであったと思います!

 

参加された事業者の皆様の、今後のご発展をお祈り申し上げます。

 

開催済セミナー概要

セミナー名 宿泊客を増やす!!観光おもてなしセミナー
概要

夜景や世界遺産などの観光資源を活かし、日帰りで訪れる観光客を宿泊型観光客へと変えるための経営改革セミナーです。

対象者長崎市・長与町・時津町の観光関連事業者、商業物産関連事業者、第3次産業事業者等(従業員可)
開催日平成29年2月21日(火)・23日(木)・28日(火)・3月2日(木)・7日(火)
開催時間13:00~16:00
定員20社(応募多数の場合は抽選となります)
会場長崎県勤労福祉会館 多目的室(長崎市桜町9-6)
ページトップへ戻る