【聖徳まつり2024】屋台の出店場所はどこで時間はいつ?駐車場や空いてる時間帯も(滋賀県)

2024年7月27日(土)に東近江市の中心市街地で開催される「聖徳まつり2024」の日程・開催地・駐車場・口コミをご紹介します。

聖徳まつりとは、奈良県斑鳩町で行われる祭りで、聖徳太子を偲んでパレードなどが行われる。

  • 聖徳まつり2024の時間は何時から何時まで?
  • 聖徳まつり2024の場所やアクセスを知りたい
  • 聖徳まつり2024に専用駐車場はある?

など、公式サイトでは公開されていない情報も参加者の口コミ等をもとにご紹介します。

また、聖徳まつり2024では屋台の出店があります。屋台の場所や時間、種類、絶対に食べたいご当地グルメメニューも紹介します。

第52回聖徳まつり20242024 概要
日程7月27日(土)
時間19時〜
場所東近江市の中心市街地
公式HP聖徳まつり公式HP
※当記事には調査段階の情報が含まれます。正確な情報は公式HPを参照ください。

お祭り当日は周辺の駅や道路が非常に混雑します。
余裕を持って楽しみたい人は、前日に会場周辺のホテルに宿泊すると快適にお祭りを楽しめます。
お祭り会場周辺のホテルを探す

目次

聖徳まつり2024の屋台の出店場所はどこ?時間は何時まで?

聖徳まつり2024の屋台の出店場所は、東近江市の中心市街地です。

聖徳まつり2024の屋台の営業時間:調査中
※公式情報ではなく、例年の傾向から予測した時間になります

ただし、商品の在庫が無くなり次第閉店するので、お目当てのお店は早めに行っておくことをおすすめします。

聖徳まつり2024の屋台は常に混雑が予想されますが、空いている時間に行きたい人は、調査中を狙うとよいでしょう。

聖徳まつり2024の屋台の種類は、定番メニューからご当地グルメまで幅広く楽しめます。キッチンカーや縁日が楽しみたい人にもおすすめのお祭りです。

聖徳まつり2024|屋台のおすすめグルメ・メニュー

聖徳まつり2024屋台のおすすめはサラダパンです。

他にもキッチンカーなどの出店があるので、お祭りに参加された際はぜひ食べてみてください。

その他の人気屋台メニュー:

種類屋台・縁日の定番メニュー例
食べ物焼きそば、イカ焼き、はしまき、 たこ焼き、フランクフルト など
甘味りんご飴、わたがし、チョコバナナ、ベビーカステラ、かき氷 など
その他射的、くじ、スーパーボールすくい、光るおもちゃ など
※上記はあくまでも例です。お祭りによって種類は異なります。

東近江市の中心市街地|会場周辺のおすすめ駐車場

聖徳まつり2024は、専用駐車場はありません。近隣のコインパーキングを利用しましょう。

また、周辺の有料コインパーキングを利用するか、駐車場ありの公園等施設を利用するのも一つの手です。

※会場周辺に駐車場付きの公園はありませんでした。

聖徳まつり2024の会場周辺でおすすめの駐車場は以下です。

【予約制】軒先パーキング 東近江市八日市上之町駐車場

【予約制】軒先パーキング 東近江市八日市上之町駐車場
住所滋賀県東近江市八日市上之町9-488
収容台数1台
利用料金500円\\※情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず公式サイトの情報をご確認ください。

【予約制】軒先パーキング 東近江市八日市上之町駐車場は、お祭り期間中は混雑することが予想されるので、なるべく早い時間に駐車しておくことをおすすめします。

【予約制】軒先パーキング 東近江市八日市上之町駐車場がすでに満車となっていた場合は、・周辺の有料駐車場・コインパーキングを利用してみましょう。

聖徳まつり2024のアクセス・交通規制・無料送迎

聖徳まつり2024のアクセスに関する情報は以下の通りです。

聖徳まつり2024のアクセス
東近江市八日市松尾町
公共交通機関東近江市八日市松尾町
無料送迎なし
交通規制なし
※当記事には調査段階の情報が含まれます。正確な情報は公式HPを参照ください。

お祭り期間中は周辺の道路が渋滞することが予想されます。時間に余裕をもって移動することをおすすめします。

聖徳まつり2024はどんなお祭り?歴史・見どころは?

聖徳太子を偲んで開催される、奈良県斑鳩町のお祭りです。パレードや伝統芸能の披露などがあります。

聖徳まつり2024の屋台まとめ

今回は、聖徳まつり2024の屋台情報を紹介しました。

聖徳まつり2024は多種多様な屋台が出店されるため、混雑が予想されます。事前にアクセス方法や駐車場をチェックして、スムーズに行けるようにしておきましょう。

滋賀県のお祭り一覧はこちら

今月のお祭り一覧はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次